合気道の稽古の中でとり得たこと

若島龍門

 

私が合気道の稽古の中で得たことは、集中して物事に挑むことの重要性です。

合気道の技の適した体捌きを覚え身につけることは、気持ち半分での稽古ではできません。限られた稽古時間の中で、知らない技や細かい点を忘れてしまった技について、他の方に聞き、その一つ一つの動き方をよく見てまねたりしていました。そういった経験から、よりよく覚えるためには、物事へはよく注意を向け集中して行うべきであるという、実体験に基づく考えを得ました。

また、気持ち半分の取り組みは怪我や事故につながるので、安全のためにも、集中して稽古を行うことを肝に銘じてこれからも取り組んでいきたいと思います。

 

私は小学校低学年の頃から諏訪道場に通っているのですが、私は小学校、中学校で他人との距離を測りかねており、そんな当時の私にとって、家庭と学校以外での他者との交流の場は得難い物でありました。また習い始めの頃の自分は、人の話をしっかりと聞き、はっきりと返事をすることなど、人との接し方についてもいくつかのことを教えていただきました。高校生になってからの大人クラスでの稽古では、年の離れた方との交流の経験を積ませていただきました。ありがとうございました。

 

 

以上になります。